FAQ

五聖閣について、よくあるお問い合わせをまとめております。

命名・改名・姓名判断 について

  • 現代の姓名判断の発祥が五聖閣からというのは本当ですか?

    本当です。五聖閣の創立者である熊﨑健翁が昭和3年に発表した熊﨑式姓名学が現代の姓名判断の基本になっています。
    昭和4年に出版した『姓名の神秘』により熊﨑の考案した姓名学が日本中に広まり、以後姓名判断による名付けが普及しました。

  • 漢字の画数はどのように数えるのですか?

    熊﨑式姓名学に基づく命名では、字は“康煕字典”に基づく本来の字画による正しい画数を算定します。ですから、皆様がふだんお使いの常用漢字と人名用漢字の中の略字は、旧字(康煕字典による字=正字)に戻して数えます。たとえば、春に咲く”桜“は略字で10画ですが、もともとは正字で”櫻“と書き、21画で数えます。

  • 英字(アルファベット)の名前もつけられますか?

    世界各国それぞれ違う言葉と文字があります。姓名学の字画構成は本来どのような国語でも可能です。現在、漢字圏のみならず、英語圏、フランス語圏などにおいても熊﨑式姓名学が浸透しています。

  • 命名を依頼する場合、どのような希望を出すことができますか?

    お使いになりたい漢字や呼び名などのご希望を承っております。できるだけご希望を取り入れたお名前をお作りいたします。
    芸名や法人名などではお名前から受けるイメージのご希望があればお知らせください。

  • 命名を依頼した場合、五聖閣が名前を決めるのですか?

    お名前をお決めになるのはご両親様です。五聖閣ではお名前を複数ご提示いたしますので、その中よりお選びください。
    芸名や法人名についてもご本人、ご依頼者様にお決めになっていただきます。

  • 名前の候補は誰がつくってくれるのですか?

    現在は五聖閣の熊﨑健恒会長、熊﨑一紗社長がお作りいたします。

  • 撰名審鑑書(命名書)には何が書かれているのですか?

    お子様とご両親様のお名前とご誕生日時などや命名されたお名前の詳しい説明が書かれています。また、画数の意味の表も付いています。五聖閣の創業当時から発行している、宗家発行の由緒ある命名書です。お子様が大きくなり巣立つ日まで大切にお持ちいただき、お渡しください。
    芸名や法人名などの命名書も発行しております。

  • 「赤ちゃんのおなまえガイダンス」では、どんなことが学べるのですか?

    名前の選び方(呼び名、漢字、画数)などを中心に、最近の名付けの傾向、命名までの流れ、生まれてからの手続きなどが学べます。
    また、個別相談も講座終了後にいたしております。ご参加は妊娠6ヶ月位からの妊婦さんとそのご家族様です。事前にお電話又はホームページの「お問合わせ」よりご予約の上、ご参加お願いします。

  • 「名付けガイドブック」には、どんなアドバイスが書かれていますか?

    ご出産をひかえたご両親と赤ちゃんにおくる「名づけガイドブック」は、命名の大切さをお伝えしたいとの想いのもと、命名で必要となる基礎的な知識をまとめてございます。特にご両親が気にされるお名前の画数の数え方など姓名学による名付けの基本やポイントも書かれています。また、生まれてくる赤ちゃんへの想いをメッセージとして残せる大切な1ページは、命名書と一緒に大人になっても素晴らしい宝物となるでしょう。
    お子様の素晴らしいお名前をつけるためにお役立ていただければ幸いです。

  • いままで名前をつけてきた有名人はいますか?

    政財界、芸能界など多数いらっしゃいますが、個人のプライバシーにかかわることなので申し訳ございませんがお答えできません。

  • 自分で考えた芸名や法人名が良いかどうか鑑定してもらえますか?

    鑑定いたします。お考えになられたお名前を3案まで一度に鑑定いたします。ご希望があればお名前をお使いになる時期や法人の場合は設立時期についてもアドバイスいたします。

各種鑑定 について

印鑑倶楽部 について

  • 印鑑はどのような節目に購入するのが良いですか?

    お子様ご誕生の記念やお祝い、誕生日・入園・入学・卒業・成人・就職・結婚とそれぞれのご成長の節目に合わせてのご購入や、親御様・ご祖父母様からのお祝いや贈り物としてもとても喜ばれます。また、就職やご結婚の準備や新生活へスタートの必需品として、社会人としての責任に大きな役割を果たします。

  • 印鑑の印材には、それぞれどんな特徴がありますか?

    五聖閣では良質な高品質の印材を厳選して、象牙、オランダ水牛(乳白色水牛)、黒水牛、柘植を扱っております。
    象牙は印材の最高峰で耐久性、光沢、重量感に優れ、朱肉とのなじみがよく使うほど風格が出てきます。オランダ水牛(乳白色水牛)は牛の角の中心部分で芯持ち、上質ですので乳白色の美しい、適度の粘り気があって耐久性にも優れる印材です。
    黒水牛も牛の角の中心部分で芯持ち、適度の粘り気があって耐久性に優れると定評の使いやすい印材です。
    柘植は植物性の印材として古くから使われてきたものです。緻密で高度も備えた、見た目も美しい印材です。

  • 五聖閣の手彫り印鑑の特徴は?

    五聖閣の印相学に基づいて、高品質な印材に熟練した職人により彫刻した印鑑です。五聖閣の印相は姓名学を基にしたもので、現代の印相の基本になっています。彫刻は厚生労働大臣認定一級印章技能士の資格を持つ熟練の職人と、日本でも数少ない伝統工芸士によって、丁寧に作成されます。

  • 印鑑の実印、銀行印・認印それぞれの使い方は?

    実印は個人を証明する印で、役所にて印鑑登録を行った重要な印鑑です。印鑑証明書、契約書、不動産登記、住宅ローン、遺産相続、マイカー購入などに使います。社会人としての責任を表す大切な印鑑です。
    銀行印は銀行・郵便局の口座開設や出納、保険契約などに使用します。金融面での大きな役目の財産を守る印鑑です。
    認印は、約束ごとの証明で、書類や色々な確認などに使用する実用的な印鑑です。職場や家庭で使用します。ご入学やご入社の時の書類に捺印するために必要なことも多い印鑑です。

  • どのような印鑑を持たなければいけませんか?

    個人の方が必要な印鑑は実印、銀行印、認印があります。
    実印は不動産売買など非常に重要な契約に必要で、役所で登録しなければなりません。若い頃はお使いになることはあまりありませんが、社会人になられてからは、お持ちになられるとよいでしょう。
    銀行印は銀行口座の開設や保険、ローン契約の時に必要な印鑑です。ご自分の金融財産を管理するためのものです。
    認印は一般的な書類に捺印するための印鑑です。最近は捺印の機会が少なくなっていますが、印鑑はご自身を表すものであり、実印、銀行印と同様にきちんとしたものをお持ちになることをお勧めします。またこれらの印鑑を兼用するとトラブルを起こしやすいので避けてください。
    法人用の印鑑は、代表印、法人銀行印と会社の事業体を表す社印が必要になります。

  • 印鑑はいつ購入するのがいいですか?

    ご自分の銀行口座を持つときには多くの場合、銀行印が必要になります。また、ご入学やご入社の時にご自分の印鑑が必要になることが多いです。この時の印鑑は認印です。実印は不動産の購入など重要な契約には必ず必要になります。すぐにお使いになることはなくても社会人としてお持ちになることをお勧めいたします。

  • 20代で印鑑は必要ですか?

    社会人になるとさまざまな書類に捺印することが多くなります。このとき必要になる印鑑は認印です。既製品を使ったり、ご家族の印鑑を借用する方もいるようですが、印鑑はご自分自身を表すものであり、きちんとした印鑑をお持ちになることをお勧めします。また、銀行口座の開設や保険やローンの契約書には一般に捺印が必要です。この時必要な印鑑は銀行印です。銀行印は金融面での大きな役割の財産を守る印鑑ですので、認印と別にしてご使用ください。

  • 印鑑の書体は選べますか?

    代表される印鑑の書体は、篆(てん)書体、印相体、隷(れい)書体、行書体、楷書体があります。五聖閣では篆書体を使用し、印相学を基に縁起の良い「八方篆書体」で印刻します。また、印鑑を作成した際に印影を記した鑑定書がありますので、偽造や不正使用を防ぐためにも安心です。

  • 使わなくなった印鑑はどうしますか?

    五聖閣では印鑑・印章専門店として、印鑑の供養を行います。毎年10月1日は印鑑供養の日となっており、お客様から預かった、欠けてしまった印鑑や使わなくなった印鑑を大切に供養いたします。印鑑は、昔から自分の分身として捉えられていましたので、感謝の気持ちを込めて印鑑供養を行っていたのです。

  • 印鑑に仕様上の注意はありますか?

    捺印後は、専用の布や紙、ティッシュペーパーなどで印面の朱肉を拭きとってから、大切に保管ください。また、歯ブラシや専用のブラシなどで軽く汚れを落とすこともあります。朱肉を拭きとらないと朱肉が印面にたまり、印影が綺麗に出ないだけでなく、変色しやすくなります。
    保管する時は専用の収納ケースに入れていただくと良いです。

お問い合わせ >

ページトップへ